カテゴリー別アーカイブ: ご利用に関して

2次会シャンパンタワー

ご利用方法

シャンパンの注ぎ方

◯シャンパンは注ぐと言うより、垂らすように注いで下さい。

◯1本目は1段目から注ぐと、2〜3段目のグラスまで入ります。

◯2本目以降は、入ってない段(3~4段)から注ぎます。

※2本目以降も1段目から注ぐと、上の段ばかり溢れ、下の段が入りにくい為に本数がたくさん必要になります。

 



 

グラスの取り方・注意点

◯グラスには滑り止めが付いているので、上に持ち上げお取りください。
※横にスライドさせると、滑り止めが引っかかり崩れます。

※グラスをお取りになる時は、誰か一人(幹事様など)がタワーからグラスを取る係がいると、よりスムーズで良いでしょう。

 

 


 

グラスの使用後

◯飲み終わったグラスは、専用のケースに入れて下さい。

※ケースは設置時にお渡しいたします。

 


本数

※シャンパンは注ぎ方により本数は前後します。
5段で必要なシャンパンタワー

三角形・・・3本〜5本(750ml)

四角形・・・6本〜8本(750ml)
6段で必要なシャンパンタワー

三角形・・・6本〜8本(750ml)

四角形・・・8本〜10本(750ml)

7段で必要なシャンパンタワー

三角形・・・8本〜10本(750ml)

四角形・・・10本〜14本(750ml)

 


設置後の崩れ・破損

◯設置後の崩れは、責任を負いかねます。

※シャンパンタワー近くで、ダンス等の床が揺れる行為はご注意お願い致します。

○グラスの破損は、6個目以降600円発生致します。


 

 

 

 

マグナムボトル

3リットルのマグナムボトルでシャンパンタワー

3リットルのマグナムボトルは危険?!

記念日のパーティーだから、マグナムボトルで使って注ぎたい!とお考えの方。

基本的にはシャンパンタワーに注ぐシャンパンは

750mlか1500mlをお勧め致します。理由は安全だからです。

 

ですが、

 

どうしても、3リットル注ぎたい!

お客様へアドバイスは?

その1、男性が両手でボトルを持って、ゆっくり時間をかけて丁寧に注いでください。

その2、マグナムボトルは半分くらいまで注いで、後は750mlか1500mlのボトルに変えて注ぐ。

と言う事でございます。

 

マグナムボトル3リットルをお勧めしない理由としては、注いでいる途中バランスを崩して、シャンパンタワーが崩れる可能性が高いからです。

せっかくのイベントに崩れるのは絶対に避けたいものでございます。
注いでいる最中は、みなさんが注目されますのでご注意してお注ぎください^^

マグナムボトルで必要な本数

5段で必要なシャンパンボトル
三角形・・・1本〜2本

四角形・・・2本〜3本

6段で必要なシャンパンボトル
三角形・・・2本〜3本

四角形・・・3本〜5本

7段で必要なシャンパンボトル
三角形・・・3本〜5本

四角形・・・5本〜7本

10段で必要なシャンパンボトル
三角形・・・8本〜10本

四角形・・・14本〜16本

 

シャンパンタワー本数

シャンパンタワーに必要な本数は?!

5段で必要なシャンパンタワー

三角形・・・3本〜5本(750ml)

四角形・・・6本〜8本(750ml)

6段で必要なシャンパンタワー

三角形・・・6本〜8本(750ml)

四角形・・・8本〜10本(750ml)

 

7段で必要なシャンパンタワー

三角形・・・8本〜10本(750ml)

四角形・・・10本〜14本(750ml)

 

シャンパンは注ぎ方により本数は前後します。

1本目は1段目から注ぐと、3段目のグラスまで満たします。

2本目以降も、1段目から注ぐとドンドン溢れ流れて行きますので本数がたくさん必要になってきます。

 

本数を少なくしたい場合は?!

2本目以降を、入ってないグラスに調整して注がれて行くと、溢れるのが少なくなる為に本数を減らす事をできます。

 

せっかくシャンパンタワーをするのだから、ずっと1段目から注ぎたい!本数をいっぱい使って演出したい!という方は、上記の本数より数本多めにご用意して頂くと良いでしょう。

 

シャンパンは飲める

シャンパンタワー飲む事は出来るの?!

注いだシャンパンは実際に飲む事が可能です。

シャンパンタワーの楽しみの1つ目が注ぐ事、2つ目は飲む事です。
実際ご利用頂いたお客様の大半が飲まれておられます。
パーティーに来られたゲストの方も、きっと注がれたシャンパンを飲みたい!と思われているでしょう。
是非みなさまとお飲みになられてはいかがでしょうか?!会場も盛り上がり、ゲスト同士の会話も弾む事間違いなし!です。

グラスを取る時の注意点は

注いだ後にグラスをお取りになる時は、誰か一人(幹事様や男性など)がタワーからグラス取る係がいると、よりスムーズで良いでしょう。
グラスには滑り止めが付いているので、軽く上に持ち上げからお取りください。
段数や注ぎ方によって、注ぐシャンパンの本数は変わります。
5段の四角形シャンパンタワーを利用するシャンパンボトル本数は、5~7本位(ずっと頂上から溢れるように注ぐと、+2~3本必要となります。)

その他にも演出としてご利用されたい方には

もちろんイベント上の演出として利用したい方は注ぐだけで飾りとしても利用可能でございます。